[ Whats new ][ バドミントン ][ ブログ ]

ガットの間違えない選び方

いつもお世話になっております!

スポーツショップ古内の古内克弥です!

今回はバドミントンガットの細さの違いについてお伝えします。

=============
ガットの間違えない選び方
=============

あなたはガットを選ぶとき、何を重視していますか?

例えば、

 

コントロールを良くしたい!

もっと遠くに飛ぶようにしたい!

スマッシュを速くしたい!

というように技術向上を目的とする人もいれば、

たくさんのカラーの中から選んで、おしゃれにしたい!

という見た目重視の人もいるでしょうし、

そんなに頻繁に張り替え出来ないから、とにかく長持ちしてほしい!

という方もいらっしゃるでしょう。

今回は、ガットを選ぶ際の参考になるように、

ガットの細さの違いによる特徴についてお話します。

とりあえずこれを知っておけば、

今後新しいガットが新発売しても、

見たことのないメーカーのガットをもらったとしても、

ある程度の基本的な能力を予測することが

出来るようになるでしょう。

==============
細さ=反発力、耐久力
==============

ガットの反発力や耐久力というのは、

大体はガットの細さが関係しています。

いくつか例外はあるとしても、大方これを

覚えていてもらえれば大丈夫です。

さて、それでは突然、あなたに問題です!

ジャジャン♪

あなたの目の前に、突然ハムが出て来ました。

まだ輪切りにされていない、

それはそれは美味しそうなハムです。

ソーセージをすっごく大きくしたような感じで、

茶色で少し表面が硬くて、ナイフで切ると

ジューシーで香ばしい香りがして、口に入れると

ふわっと旨味がたっぷりと口の中いっぱいに

味が広がるようなハム。

そのハムに

細い糸をぐるっと巻きつけて、糸の端っこ同士を

反対方向にピッと引っ張った場合と、

太いロープをぐるっと巻きつけて、糸の端っこ同士を

反対方向にピッと引っ張った場合

同じ力で引っ張ったとすると、

どちらの方がハムに食い込むでしょうか!?

考えてみてくださいね。

答えは、

細い糸を巻きつけた方でした♪

(どうして??って思った人は、こちらを読んでみましょう!

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/aturyoku2.html

↑難しいからおすすめしませんけど(笑)

つまり、細いガットの方が、

「自分の力が伝わりやすい!」

っていうことなんです。

だからもし、

「スマッシュを速くしたい!」

「遠くに飛ばしたい!」

と思っているなら、

細いガットを選ぶと近道になります。

では、ガットの細さはどこで見るのかというと

こちらです

例として、ヨネックスのガットで比較すると

先ほどのBG65というガットはゲージが

0.7mm”となっていて

BG66UMというガットはゲージが

0.65mm”となっています。

ということは、BG66UMの方が細いので

BG66UMの方が

”よく飛ぶ!”

”速い!”

ということです。

しかし、これも考えてみてほしいんですけど、

○細い糸を天井から垂らして、その先に重りをつけたとき

○太いロープを天井から垂らして、その先に重りをつけたとき

どちらの方が長持ちするでしょうか?

答えは、太いロープの方です。

細い糸だと、すぐにプチンって

切れてしまいそうですよね。

ということは、BG65の方が太いから、

BG65BG66UMを比較した場合は、

BG65の方が長持ちする!

ということですね。

そして、衝撃に強いです。

だから今後、自分のプレイスタイルなどを考えたとき、

いつも全力で打ち込みたい、というハードな

プレイを好む人は、細いガットだとすぐに

切れてしまうので、太いガットを選ぶといいと思います。

そして、力をセーブして、力を抑えているけど、

速い球を打ち込みたい、という人は、

細いガットを選ぶといいと思います。

ヨネックスのカタログの中では、

「強く打ちたい」という人を「ハードヒッター」

「力を抑えて打ちたい」という人を「コントロールプレイヤー」

と表現しています。

もちろん、ハードヒッターの方で、細いガットを選んでもいいんです。

ただし、すぐ切れるので、たくさん張り替える必要が出てくると思います。

さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?

=============

ガットの細さによる、
プレイ以外の特徴

=============

最後にもう一つの特徴を・・・

あなたはギターを弾いたことはありますか?

ギターの弦をジャーンって奏でたとき、

○細い弦を弾いたとき

○太い弦を弾いたとき

どちらの方が高い音が出るでしょうか?

 

答えは、細い弦を弾いたときです。

高い音、よく響く音が好きな人は、

細いガットを選ぶと、気持ちいい打球音を

聴きながらプレイできると思います!

ちなみに、僕(古内克弥)は、

「音の高低は気にしない」というタイプで、

ハードヒッターのタイプなので、

太いガットを選びます。

ガンガン、力一杯打てるので、

ストレス解消にもなります(笑)

あ、ぜんぜん下手くそですけどね!

また時間の取れたときは、こうして

情報をお伝えしていきたいと思います。

お楽しみにしていてくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします!

タグ:

古内克弥

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です