[ ブログ ]

【記憶力テスト】古内克弥のブログ

とても面白いことを教えてもらったので、シェアします。

記憶力のテストです。

いくつか文章を書くので、
出来るだけ多く正確に記憶してください。

 

ただし、これにはルールがあります。

<ルール1>
この後にある文章を読むのは1回だけです

<ルール2>
読むスピードは、普通に音読をするくらいのスピードです

それでは、準備はよろしいでしょうか?

一度深呼吸をしてから、臨むことをおススメします。

・新聞は雑誌よりもよい

・海岸は道路よりもよい

・最初は歩くよりも走る方がよい

・あなたは何度も挑戦するかもしれない

・ちょっとした技術を必要とするが、それらを学ぶのは簡単である

・幼児でさえ、それを楽しむことができる

・一度成功すれば、厄介な問題はわずかなものである

・鳥は滅多に近づいてこない

・雨にはすぐにびしょぬれになる

・同じことをしている人が多いと、問題の原因となりうる

・たくさんのスペースを必要とする

・厄介な問題がない場合、それはとても穏やかなものになりうる

・石は錨(いかり)の代わりになる。しかし、それから離れてしまった場合、二度目のチャンスは得られない

 

文章はここまでです。
全部で13個。

このまま文章をスクロールしてください。

あなたはいくつ文章を覚えられましたか?

_

僕自身がこれをやったときは、
はっきり言って何を言っているのか
さっぱりわからず、2個くらいしか
覚えられませんでした。

_

というよりも、半分くらいを過ぎてから
呪文のようにしか聞こえなくて、
全く頭に入りませんでした(笑)

_

これは「記憶心理学」の実験だったんです。

_

ある授業で、
教師が生徒たちにこの実験を行う際、
グループを2つに分けました。

_

片方は、今回この実験を試みてくれたあなたのように、
前提となる情報を何も聞かされていないグループ。

_

そしてもう一つには、
「これから話す文章は、凧揚げの風景の文章です」
という情報を与えられていたグループ。

_

その結果、

_

「凧揚げ」

_

という情報を知らされていたグループは、記憶力が
3~5倍も上がっていました。

_

3~5倍ってすごいですよね!!!

_

・(凧揚げするなら)新聞は雑誌よりもよい

_

・(凧揚げするなら)海岸は道路よりもよい

_

・(凧揚げするなら)最初は歩くより走る方がよい
_

うんうん、やっぱり覚えやすいです。

_

人に何かを伝えるとき、
伝えたいことがあるときは、

 _

こうして最初に全体像を伝えてから、
枝葉の部分を伝えていくと、
とてもわかりやすいのだろうな、と感じました。

 _

_

そして、何かを学ぶときもそう。

 _

まずは全体像をしっかり覚えてから、
テクニックなどを学ぶようにすると
すっごく理解が深まると思います。

 _

 

どうでしたか?

_ 

楽しかったですよね?(押しつけ(笑))

 

タグ:

スポーツショップ古内

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です