[ グローブ ][ ブログ ][ 野球 ]

グラブの紐通しの手順【ブログ】

グラブの紐通しの手順

こんにちは、古内克弥です!

毎年、地元の子供たちを集めて、「グラブづくりイベント」を行っております。

以前1月に行った時は限定6名のイベントでしたが、7名の参加希望者がいまして、 無理矢理全員分のグラブを用意して、楽しくグラブづくりをいたしました。

その時の様子はこちらです。

↑一生懸命にグラブを作っています。

↑作ったグラブをスチーム加工して柔らかくしているところを覗き込む少年たち

彼らは冬休みの自由研究などにも出来るように、グラブづくりをしに来てくれました。

グラブづくりと言っても、最初から最後まで作るわけではなく、

○ウェッブの取り付け

○指先の紐通し

の2つの工程を行いました。

このコラムを読んでいただいている読者のあなたにも、今回は特別に

「紐通し」

の作業工程をご紹介します。

紐が切れた時の応急処置程度にも、覚えておくと便利かと思います。

==========
紐通しの手順【芯止め】
===========

==========
紐通しの手順【腹止め】
==========

==========
紐通しの手順【手口】
==========

================
紐通しの手順【ウェブ「Hベルト」】
================

==========
紐通しの手順【指先】
==========

どうでしょうか?

写真があるのでわかりやすいかとは思いますが、

ご自身でも紐通しは出来そうでしょうか?

何もヒントなしで紐通しをするとなると、

おそらく全部を通すのに5時間くらい

かかってしまうと思います。

スポーツショップ古内で行った「グラブづくりイベント」の
ウェッブの取り付けと指先の紐通しの2つの手順も、
僕らスタッフが付きっきりで教えながらで90分かかります。

実はグラブの紐通しというのは、なかなか難しいものなのです。

スポーツショップ古内では、
年間1000個以上のグラブを修理したり加工したりしています。

そんな僕らでも、全てを紐通しするとなると、
ウェッブにもよりますが30分~60分くらいかかってしまいます。

「俺はグラブをいじっているのが幸せの時間なんだ」
という方には、こうした紐通しも楽しいと思いますが、
自分の時間を5時間もかけて修理や加工をするのは、
と~~~~~っても大変なことだと思います。

なので、もしも紐が切れたり修理が必要な際は、
スポーツショップ古内までお越しくださいね。

今回のコラムはいかがでしたか?

グラブの紐通しの仕方は、手順だけ知っていれば有る程度は出来るようになります。ただし、力の加減ですとか、紐の残し具合、こういったことはやはり熟練の職人には敵いません。

お伝え出来る知識はたくさんありますから、
疑問点などがございましたら

sportsfuruuchi@gmail.com

こちらまでご連絡ください!

タグ:

スポーツショップ古内

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です