[ イベント ][ 地域ネタ ]

バドミントン体験会

11月28日、石山商店街の取り組みで「まちゼミ」というのを

行っており、スポーツショップ古内はその企画の中で

「バドミントン体験会」を行いました。

 

バドミントン体験会では、小学生でバドミントンに

興味を持っている子、またはやってみたい子と、

そのファミリーを対象にしました。

 

弊社の新入社員(予定)の十二春菜が講師となり、

9時~11時の2時間で汗を流しました。

 

こんな感じです。

IMG_6024

ラケットの握り方を説明中

IMG_6028

 

IMG_6035

サーブの練習、クリアの練習をしました。

 

IMG_6040

スポーツショップ古内 新人の十二(じゅうに)です。

よろしくお願いいたします。

 

IMG_6042

いいスイングしてます!

 

IMG_6044

狙いを定めて、、、

 

 

なにせ初めてバドミントンラケットを振った、

という子も多かったため、最初は

 

空振り

 

空振り

 

空振り

 

空振り

 

という子も非常に多かったのですが(笑)

 

それでも、最後の方ではしっかりとシャトルを

捕らえるようになって、簡単なゲームも

出来るようになりました。

 

終わってみると、みなさん汗だくでしたが

「楽しかった!またやりたい!」

と言ってくれました。

 

「定期的にやらないんですか?」との質問もあり、

好評であれば月に一度くらいでやりたい、

ということをお話しました。

 

こうして需要があるのであれば、是非続けていきたいものです。

 

野球少年団に入団している子もいれば、

サッカーをしている子、プールに通っている子、

習い事をしている子もいます。

 

そのライフスタイルの中に、バドミントンも入って、

たまに違うスポーツをする、というのもいいですよね。

月曜、木曜、土曜、日曜は野球

水曜日はバドミントン

といった感じでしょうか。

 

 

小学6年生までは、神経回路が発達しやすい

年齢と言われています。

 

この時期に、色んなスポーツを体験し、身体の

様々な動かし方を覚えるということは、中学生、

高校生になった時にとても役立つものです。

 

間違いなく、体育の成績は上がりますし、

初めてやる競技でも最初から上手になる

可能性は非常に高いです。

 

なので、バドミントンクラブとなったとしても、

その考えはなくさず、バドミントンの練習の中でも

色々な遊びを入れたりして、「運動神経の発達」を

目的としたクラブにしたいと思っています。

 

頭を使う、ということも重視したいので、

クラブにしたら、勉強もしてもらいます(笑)

 

南区の子供たちの体力レベルが高くなってくれることを

期待しています!

タグ:

admin

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です